home

簡単にできる掃除のコツ〜オフィスチェアの掃除方法〜

オフィスで働く社員は一日の多くの時間を椅子で過ごします。
毎日使うオフィスのチェアは汚れていないはずがありません。
気持ちよくオフィスで働く為にもきれいな椅子で過ごすようにしたいですよね。
だからと言ってオフィスチェアをプロの掃除屋さんに頼むのももったいないです。
そこで、今回はオフィスチェアの簡単な掃除方法をご紹介いたします。

【オフィスチェアの種類によって異なる汚れ 】

オフィスチェアの掃除方法 では、布張りチェアとメッシュチェアそれぞれの掃除方法についてこれからご紹介いたします。

「布張りのチェア」

布張りのチェアは数多くのオフィスで良く使用されています。
布ということで、耐久性に優れていたり、温かいことやクッション性能が良い、デザインの種類が豊富であるということで人気となっています。

しかし、カビや汚れが付きやすく、通気性が良くないので夏場は特に蒸れてしまったり、長年使っているうちに埃がたまってきてしまいます。
布張りチェアは匂いが出たり汚れが付いた際に落とすことが難しいです。

★布張りチェアの掃除方法とは

まずはオフィスチェアに使っている布素材がなんの素材なのかを確認します。
これから使用する掃除用の洗剤が布に合わないと色落ちしてしまったり、生地が縮んでしまうこともあります。
何の素材かが分からない場合は裏側で少量の洗剤を使って試すと良いです。
用意ができればブラシで埃を出して、最後に一気に掃除機で吸い込みます。

汚れがある場合は、ぬるま湯につけて絞ったタオルを使い、汚れの箇所を拭きます。

この方法で汚れが落ちない時は歯ブラシに洗剤をつけてゴシゴシします。
あとはしっかり乾燥させたら終了になります。

「メッシュのチェア」

メッシュのため、湿気に強く熱や汚れが出にくいのがメリットです。
清潔に使える反面、メッシュは穴が開いている為に何かと汚れやすいです。

★メッシュチェアの掃除方法とは

まず、メッシュチェアは水洗いはできません。

なぜなら乾かす時にメッシュの繊維が縮小して鱗状の模様になってしまうことがあるからです。
座る部分や背もたれ部分は水洗いできるように見えますが、もし失敗してしまうと縮んだら元には戻りません。
メッシュチェアに汚れがついてしまったら、重曹を使うと汚れが落ちやすいです。

【重曹を使った汚れの落とし方】

〜用意するもの〜
・お湯1リットル
・重曹大さじ4
・雑巾

① 1リットルのお湯を用意します。
② ①に重曹を大さじ4杯入れて溶かして洗浄液を作ります。
③ ①に雑巾を入れて固く絞って汚れの部分をふき取ります。
④ 最後は水拭きして乾燥させます。
さらに落ちないような汚れは酸素系漂白剤が良いです。

液体の容器に書いてある量を入れて薄めて浸した雑巾を汚れに当てて落としていきます。
最後は水拭きして乾燥させます。

【まとめ】

オフィスに欠かせない布張りチェアとメッシュチェアの掃除方法、いかがでしたか?
毎日使えば椅子は汚れていきます。
面倒かもしれませんが、定期的な掃除をすればいつも清潔に過ごせます。
忙しくてできないという時はぜひプロの清掃屋さんまでご連絡を!

千葉・埼玉・茨城・東京のプロの掃除屋さん
090ー5832ー5519

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


index